妙善寺は江戸時代より行われていた、お祭りの楽しさや高揚感、過去に見られていた見世物小屋の不思議さ、葬儀などの死との関わり。それら統一されていないモノが集まり発信されていく場所であり、人々に様々のモノを見せてきた場所でもありました。  本展は2016年から始まり、今年で三回目の開催になります。並べられている作品には共有のテーマや、規格や統一もありません。ここは、縁日の見世のように、アーティストが思い思いにアート作品をひろげています。それは、お寺に集まって来たバラバラなモノ達に似ています。価値の問い、死生観の認識、事のあり方を表したりと、色々あります。  縁日の出店のように並べられた作品達は、美術館やギャラリー空間などでは見る事がない展示風景になり、私たちに何を見せてくれるのでしょうか。  二日間限りに行われる展覧会を是非ご高覧ください。

六本木縁日

2018年9月29日(土) / 30日(日)

 一日日:13:00-21:00 

 二日目:13:00-20:00 

OPEN

Roppongi

  当日はレセプションパーティーも行います。 僅かながらお飲み物も用意させて頂きますので、気軽にお越しください。

Opening Reception Party With

Dj Satoshi Honjo

Dj Satoshi Honjoによる選曲でオル★テラを盛り上げます。

 

日時:9月29日(土) 18:00-20:00 

会場:妙善寺 方丈 | 入場料:500円

ハードテクノ/シュランツパーティ"Adrenaline"のオーガナイザー兼DJ、トラックメイカー。海外レーベル、また自身のレーベルからもコンスタントなリリースを重ねており、これまでCause records(PETDuo), Friendly Fire(Arkus P.), Bullshit(Frank Kvitta),Rgae and Error(Stephan Strube), Killaz(Torsten Kanzler)などといったトッププレイヤー達のレーベルからリリースし好評を博している。Dommuneには二度出演し、TwitterのTL上に「ドヤンツ」という新語を誕生させる。海外でもプレイをしておりドイツ(2014)、オーストリア(2010,2011)、ポルトガル(2015)でヘッドライナーとしてプレイをし現地のクラウド達を熱狂させた。2017年はEUツアーを敢行し、アムステルダム(Amsterdam Dance Event2017/ADE2017  Mental Torments Night)、ベルリンでDJを行った。2018年からはテクノにシフトし活動中である。

ARTIST

妙善寺の本堂で、57名のアーティストが二日限りの展示